2007 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2007 10
ず~っと雨
- 2007/09/30(Sun) -
起きたら雨。。。
お昼ごろになっても止まない
3時にコーヒーを飲みながら外を眺めていてもため息ばかり
そうは言ってもそろそろ止むのではとの期待もむなしく夕方に

午前中に出かけて彼岸花が咲いてる場所を確認してきたのに
撮りにもいけない。。。

一週間前には半そででも暑かったのに、きょうはもうコタツが欲しい位
寒くなって来てる
こんなに急激な気温の変化じゃ体ももたないよ

fc070930.jpg

この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
黒斑山登山
- 2007/09/29(Sat) -
浅間山近くの黒斑山に登山してきました
距離的にはさほど長い距離ではないですが、登山なのでアップダウンが
激しく7月ごろから気になっていた、足の膝の痛みが今回も発生
ついに両足に・・・・・
登りはいいのですが、下りになるとどうしようもなく痛く、やっとの
思いで帰ってきました
サロンパスのスプレーをかけても焼け石に水でした
しかし、この状態だと山野草を撮りに山に登るのもおぼつかなくなる可能性も???
そしたら、最悪だなぁ、好きな花が撮れなくなるなんて。。。。。

fc070929-1.jpg


参加者は50人ほど、下は4歳から上は71歳まで、かなりの大所帯
登頂記念に証拠写真も、ばっちり

fc070929.jpg


肝心の浅間山は、霧が少し切れた瞬間に少し見えただけ
晴れていれば、最高の景色になったはずですが残念でした
恐らくもう二度と来ることはないでしょう、、、、

fc070929-2.jpg

この記事のURL | イベント日 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雨が降ったら
- 2007/09/24(Mon) -
雨後の彼岸花、たまたま走っていたら発見
交差点近くで、車もたくさん通るし、停まるし・・・・
そんなことはお構いなく撮りました
でも、田んぼの土手だったので、靴は汚れました
せっかく長靴があったので履けば良かったです

fc070924.jpg
この記事のURL | 撮影の日々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
彼岸花
- 2007/09/23(Sun) -
昨日の暑さはどこへやら、きょうは涼しくて過ごしやすいです
曇りでもまぁ、いいやと思い彼岸花を撮りに
途中から晴れ間も見え、撮影中は太陽も顔を出してくれ、ラッキー

花は3分咲きとの情報だったので、余り期待はしなかったが
痛んでいる花が多いよりはましなのでよかったです

fc070923-1.jpg


帰る途中に、道の駅の寄りたまたま目に付いた紅茶を買いました
これは宣伝するわけでもないのですが国産の紅茶、今や南アルプスの
紅茶として有名です
買って飲んで見たかったのですよ
味見はまだ、これからです

名前の「うまいんだに」は「美味しいんですよ」の意味です
fc070923-2.jpg

この記事のURL | 撮影の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一週間後の赤そば畑
- 2007/09/22(Sat) -
きょうは青空が望めたので、朝っぱらから赤そばを撮りに行った
露の付いた花も期待はしていたがやはりこのところ気温が高いため
着いた7時過ぎにはほとんど乾いていて撮れず、またの機会に!!

花はもう少しした方が、いい感じですね、今週末には蕎麦祭りも
開かれるとのことでした

畑の上の方で撮影していたら、NETで知り合いの方に会いました
これから彼岸花を撮りにも行かれるとのこと
咲き具合はどうだったのかなぁ、私も明日行く予定をしてる場所
なんですよ

fc070922-1.jpg


畑の中に、見慣れない物を発見
「シシ脅し」だと思いますが、ここでは「鹿脅し」
きょうは先週あった、鹿の入り込みの跡はなかったです
きっと効果があるんでしょうね?

fc070922-2.jpg

この記事のURL | 撮影の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
写真展
- 2007/09/16(Sun) -
きょうは好きな写真家が支部長をやってる日本山岳写真協会南信支部の写真展に出かけた
出来たらきょうは、そのプロの写真家が出した本にサインをもらおうと
持って行ったところ、運良く彼が受付付近にいて、挨拶をしてくれたので
ここぞとばかりにお願いしたら心良く書いてもらえました、嬉しかったですね

写真展の方は花の写真は風景の一部として写ってる二点ほどあっただけですが、
ほとんど毎年のように出かけてるのは、そのプロの方のライブトークが楽しみだからです
写真の話もだが、他の知識も得ることができ非常に為になることですね
ひとつ伝授されたプロの技としては、逆光での撮り方
この場合は露出の設定が難しく、失敗することが多いが
鉛筆を使い太陽を隠して露出を測りシャッターを切ればほぼ上手くいくらしいです
是非、どなかたトライされて見てください

また、見るひとに感動を与える写真とは・・・・
鮮やかで綺麗、面白い、驚きを与えるような写真
三つ全部揃えばいいが、そのどれかが入っていてもいい写真になりうるそうです
私もそんな写真を撮って行きたいですね


fc070916-1.jpg

この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あれもこれも
- 2007/09/15(Sat) -
そろそろ赤蕎麦の花の咲き具合が気になり出かけてみた
行く道にはもちろんあの添え木をしたフクオウソウがあるはず・・・・
っと、その場所に行ったらなんとまた切られていた
添え木もそばに転がっていて、ショック
何で二度までも刈り取らなくちゃいけないのか!!
添え木の意味もわからないか!!全く!!
fc070915-1.jpg

気落ちしながらも、周囲を良く見ると、一本地面に這いずってるフクオウソウを発見
今回は、目立たぬように逆に地面から起き上がらないようにしておきました
そうすればきっと大丈夫だとの考えです
fc070915-2.jpg

他に嬉しいのは、オクモミジハグマが一本生き残っていてひとつだけ
花を咲かせてました
この株もたまたま背が低かったので助かったのです
fc070915-4.jpg

実はきょうたまたま新聞に赤蕎麦関係の記事が載っていて、管理団体の会長の
名前もわかったので、赤蕎麦畑に行く前に電話をしました
ただ、時間がなく言いたいことが伝わらなかったので、今夜にでもまた
電話して実際に会って説明しようと考えてます

さて、肝心の赤蕎麦の花ですが、まだ咲き始め・・・・
来週のお彼岸前後が見ごろになると思います
fc070915-5.jpg

毎年、イノシシの被害に悩まされている赤蕎麦の花
今年はついに鹿も荒らすようになり、走りまわった後がありました
もう、ほんとに鹿については深刻です
私が子供の頃山に行っても見ることはなかったですが
先日は近所の東の山でも二日間で二回も見ました、異常ですね

写真はその状況です
fc070915-3.jpg

この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
それは知らなかった
- 2007/09/09(Sun) -
昨日撮ったこの写真の花、花の名前がわからずいたところ
きょうたまたまカラスノゴマを撮りに行った場所で
そこの敷地の住人の方にお会いした方に寄って判明した

最初、写真を撮らせてもらいたいことをお願いして撮ってると
近づいてきて他にも珍しい花があると言い、すぐそばの花の場所に
案内してくれた
教えてくれた花は、ヤマジノホトトギスだ!
この花は珍しくはないが、その場所にあったのは知らなかった・・・
やはり、近所に住んでいるだけはあるなぁ

さて、本題の名前がなぜわかったと言うと
その方がセンボンヤリも敷地にあるからと連れていってくれた
センボンヤリは春の花だから今頃咲くはずがないと思いつつ・・・
見てびっくり昨日近所の山で見たのと同じだ!!
つぼみと思っていたのは種が詰まった実であったのだ
あたかもこれから咲きそうな感じなので私も実だとは思わなかったのである
やっと胸のつかえも取れ、来年は撮らせてもらうお願いをして帰ってきた

fc070909.jpg


その後、昨日行った山にある支配人さんに頼まれ、そこに咲く
山野草の写真の印刷をしたが、プリンターの調子が悪く数枚した後で
色がおかしくなってしまった
印刷した写真を届けることになっていたが、間に合わないので断りの
電話をしたら、新聞社が来るからどうしても来て欲しいと言われた
何の話かわからないまま、とりあえず数枚の写真を持ち山へ急ぐ

そこに居たのは、以前博物館のイベントで知り合った記者だった
話が長くなるので、省きますが
その高原に咲く花を紹介する写真とコメントを私が提供することになった
これからの時期はリンドウくらいしかないが手始めにそれを載せ
来春からは撮ったら新聞社に送って連載記事にするとのこと
私としてはかなり嬉しいことであり撮ったかいがあるので引き受けました
大きな新聞ではないけど、少しでも見てもらって、地元の為にでも
なればと思ってます
新聞に掲載される日にちが決まったらまた日記に書きます
この記事のURL | つぶやき | CM(2) | TB(0) | ▲ top
手遅れ
- 2007/09/08(Sat) -
やはり刈り取られた後でした・・


先週から気になっていた、赤蕎麦畑へ行く道脇に咲いてるであろうオクモミジハグマ
きょうの午後行ってみたら案の定無残な姿に
どうみても、きょうの午前中に作業した感じ
花もまだ元気であった
fc070908-4.jpg

花も半分ほど咲き、来週頃には満開になるはずだったのに
この花を見守って3年目、最初の年に赤蕎麦畑の持ち主である「留美庵」(今までは名前を出さなかったが今回は出すことにした)さんにメールでお願いして、次の年(去年)は刈り取らないように
お願いしたが、結局刈り取られた経緯がある
今年もこんな結果になって、前回対策をするとの回答はただのお茶濁しだったのだ
いい加減にしてくださいよ「留美庵」さん!!

幸いにも、フクオウソウは茎が曲がっていて、地面をはいずっていたので何とか助かりました
元気に花を咲かせて欲しいので、小枝で添え木をしてやりました
fc070908-5.jpg


せっかく春から咲くのを楽しみにしてきて、花も命半ばで咲ききることが
出来ないのも不憫なので自宅に持ち帰って
花瓶に挿して飾ってあげました
これで、少しは命を長らえることが出来るはず
育った場所とは違うが、元気に咲いて欲しい
fc070908-2.jpg


話は変わりますが、地元に新しくジェラードのお店が出来たので
行ってきました
ミルクの味が濃くて美味しかったです

fc070908-1.jpg

この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
忘れてました
- 2007/09/03(Mon) -
きょうはHP開設日でした、もう7年前のことですが・・・

先ほど、パソの画面にお知らせが出て気が付きました
きっと忘れると思い、セットしておいたのが良かったです
7年経ってもスタイルはさほど変わっていません

最初は園芸種を主に撮ってましたが、かんてんぱぱガーデンで山野草を
撮り始めてからは出来るなら同じ花でも、自生してる山野草を撮って
みようと思い始めてからはずっと山野草を主に追いかけて今に至ってます

我ながらよくも他の被写体、例えば人物とか風景のみとかに走らなかったと思ってます
最近は自然観察会やトレッキングにちょっとはまってます
やはり、ひとりではいけない場所、知らない場所に行けるのが魅力です
来年もまた違った場所でそんな企画があれば参加してみるつもりです

さて、明日からは8年目!
当分はこのスタイルでやっていくつもりなので、今後ともよろしく
お願いします

fc070903.jpg

写真左側は10年前のソニー製、35万画素で6万円。二台目はカシオ製、210万画素で約4万円 
今なら4万円くらいでデジ一眼が買えますからね、技術の進歩は目を見張るものがあります 
                
二台目のカメラからHPの写真を撮り始めました
この記事のURL | イベント日 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
人気を嫌う
- 2007/09/02(Sun) -
朝方は見たいテレビ番組があったので家を出るのが少し遅め
ちょっと走ったら雨がパラパラ
やばいなとは思いながらも撮りたい花があるのでそのまま向かう

大降りにはならなかったので、ミヤマウズラ、ツルボ、レイジンソウを
撮り家路に

途中、田んぼの土手に白鷺がたたずんでいたので遠くから撮った
写真右下の白く見える花は、アキノノゲシ

他の田んぼにも何羽かいたが、車を停めて近づこうとするとサァ~ッと逃げてしまう
やはり人間は危険だとの認識が強いんですね

fc070902.jpg

この記事のURL | 撮影の日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
待ってました!
- 2007/09/01(Sat) -
やっと、D200の次期製品が出ました
D70も3年半使い多少不満な点もあり、去年あたりから
新製品が出るのを待ってました
機能的にも満足出来そう
今年の冬は、手ぶれ防止のズームと高速連写で白鳥が撮れそうです

fc070901.jpg

この記事のURL | つぶやき | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |