2018 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 08
給湯器への電波障害対策最終手段
- 2018/07/17(Tue) -
あれこれと、一か月余りやってきましたが、有効な方法はなく、止む終えず最終手段として、18MHzで
の交信時は、給湯器のメイン電源100Vをリモートで切断する方法にしました。
リレー電源はシャックから13.8Vをリレーに供給します、リレーは12V用なので、シリーズに抵抗を繋ぎ
約12Vに落としています。
180715-1.jpg
180715-4.jpg

TXのSEND回路を使う方法もありますが、手動で切り替えです。
180715-3.jpg

確認用のLED。給湯器の電源OFF時に点灯する。
180715-2.jpg

基板です、パッチンコアは使用せず、全て外しました。
180715-5.jpg
この記事のURL | アマチュア無線 | CM(0) | ▲ top
6m&Down コンテスト
- 2018/07/08(Sun) -
3日間ほど続いた雨もようやく上がり、どこかに移動してコンテストに参加しようと
考えたが、やはり山道は土砂崩落の危険性があるので止めて地元の少し高い場所に
行くことにした。

移動地は標高約850mの西側の山の麓。
ここは、1エリア方向と南北は良いが2エリア方向は山を背負ってしまうのでいまいち。
でも、3時間くらいの運用で30局くらいは稼げました。
Eスポも出ましたが、その割に参加局は少なかったです、もっとも西日本では大雨の災害で
無線どころではなかったでしょう。

180708.jpg
この記事のURL | アマチュア無線 | CM(0) | ▲ top
給湯器電波障害対策続き
- 2018/06/18(Mon) -
最後から2番目の対策として、外に出てるリモコン線をアルミテープで巻いた。
最初は筐体に線でアースのつもりで繋いだが、やはりまだ18MHzの電波を出すと給湯器がONしてしまうので、
筐体には繋がずそのまま浮かした状態にしている。
恐らく繋ぐと、そのアルミテープがアンテナになってしまい逆効果かもしれない。
今のところ、試験電波発射した限りでは問題ないが、実際のQSOをやってると、障害が出てONしてしまう
ケースがずっと続いていたので、まだ安心できない。
これでダメなら、最終手段でリモコン線をシールドする以外に道はない。

180618-1.jpg
180618-2.jpg
この記事のURL | アマチュア無線 | CM(0) | ▲ top
6m宮田高原移動運用
- 2018/06/17(Sun) -
梅雨の晴れ間をぬって、標高約1650mの宮田高原へ出発。
道のりは平地を40分、山道を30分くらいでしょうか。

レンゲツツジの見ごろも過ぎたのでさぞかし静かと思いましたが、そう行かず何台かの車や
何人かの登山者や行楽客に会いました。

運用地は、キャンプ場から少し奥に入った駐車場、ここは以前伊勢滝トレッキングに来た時に
駐車した場所なのであらかじめわかっていました。

ローケーションとしては、中アを背負ってるので2エリアは余り望めない、また1方向も樹木があり
これがどういうふうに影響するかが??

10時頃から開始して終了は午後二時頃。
交信局数は30局、クラブメンバーはきょうは一局のみ。
Eスポも出たので、どこまでがGWかわからないが、北海道、母島、秋田県能代市、千葉県富津市などなど。
9エリアも聞こえたり奈良県も聞こえたがQSOできず。
857用の電源のバッテリーは11、7V位でまだ使えそう。
PCはやはり3時間くらいしか持たずなので、PCが動かなくなったら、シールドバッテリーを
電源とし、エンジンをかけてフローティング充電しながらやるか、接続用のコネクター
などを取り付ける必要がある。

後で、聞いた話だが、韓国の6M6Mの出てたようで、こっちは全然入らず、それ狙いで移動した
局もきょうは多かったようだ。

180617-1.jpg

昨年はなかった、こ洒落た建物が出来ていた。

180617-3.jpg
180617-4.jpg
180617-2.jpg
この記事のURL | アマチュア無線 | CM(0) | ▲ top
給湯器電波への電波障害対策
- 2018/06/16(Sat) -
結局、前回の対策ではだめでもう何をしていいか弱りはてたが、以前の
対策で使っていた部品を全てつなげて、尚且つアミドンのコアを基板の裏側に回して
上から垂直に降ろし、金属部分からなるべく離すようにしたら誤動作しなくなったが・・・・・
もう少しやってみないと、これで完ぺきとはいえないかも。

以下が現在の対策状況。
風呂場と台所からのリモコン線に100円で買った少し大きめのフェライトコアに線を巻いたのを
2個づつ繋ぎ、その先は以前のジャンクのようなフェライトコアのフィルター2種類で計4個を繋ぎ
さらに、アミドン43材のコアにキャンセル巻きを2個、さらにW1JR巻を2個つないだ。
そうそう、なんちゃってアース線も筐体から外した。
この記事のURL | アマチュア無線 | CM(0) | ▲ top
灯油給湯器の電波障害対策実行記
- 2018/06/12(Tue) -
ずっと懸案だった、18MHzの電波によるボイラーの誤動作ですが、何とか解決したと思います。
ただ、何かの加減でまた発生するかもと言う、恐れは抱きつつです。

まず、今まで対策していた部品はいったん全て取り外しました。
次に、昨日作ったアミドンの43材コアにキャンセル巻きした物を一個、有線リモコンのコードに
取り付けて様子をみた。

180612-2.jpg

試験電波を発射して確認したが、やはり誤動作を起こし、電源が入り燃焼してしまう。
続いて、二個直列に挿入して、やってみたがまだダメ。

次は、基板の端子台からP板までの線にパッチンコアを取り付け。

180612-3.jpg

これでもダメなので、取り外した大き目のパッチンコアをAC電源コードやキャンセル巻きのコア
に行くまでのリモコン線にパッチンコアを入れてみた。

180612-4.jpg

180612-5.jpg

180612-6.jpg

これでもダメ。

最後は、以前ノイズフィルターや市販の得体のしれないキャンセル巻きのコアで作ったフィルターが余っていたので
それを繋いでみたら、やっと誤動作が起きなくなった。

180612-8.jpg

もちろん、ふろ場のリモコンや台所のリモコンも異常な文字は表示されてない。

180612-7.jpg
この記事のURL | アマチュア無線 | CM(0) | ▲ top
灯油給湯器への電波障害対策
- 2018/06/11(Mon) -
兼ねてから困っていた、18MHzで運用時、灯油ボイラーが誤動作してしまう件。
今まで、パッチンコアを風呂場や台所からの有線リモコンにコードに幾つか入れたり、
無線機屋さんで買って来た得体のしれない、コモンモードチョウークを3個ほどコードに直列に
入れたりしたが、少しは改善できたが完治はしない。
もちろん、電源コードもフェライトコアにバイファイラ巻きしたのを二個直列にしたりパッチンコアも
入れたりしている。

誤動作内容は、ひどい時はボイラーの電源が入り燃焼をしてしまう、またそうでない時は、リモコンの
表示がでたらめになってしまうなどなど。

こうなったらと、アミドンの43材のコアを5個ヤフオクでゲットして、きょうはキャンセル巻きを2個作って見た。
W1JR巻きもよさそうなので、明日作って見て、キャンセル巻きとW1JR巻きのコアを直列にリモコンコードに
入れて見る予定。
電源コードにもキャンセル巻きのコアを装着予定。
はたしてどうなることやら。

180611-1.jpg
この記事のURL | アマチュア無線 | CM(0) | ▲ top
6m陣馬形山移動
- 2018/06/09(Sat) -
きょうは、朝食を食べたらすぐ家を出発、予定だと現地まで1時間半くらい掛かる予定。
ルートは2つあるが行きは、駒ヶ根市の中沢経由だ。

予定より早く現地到着して、運用地を物色したが、頂上付近は展望台しかなくそこへは
車では行けないので、駐車場をと考えたが、そこは草刈の真っ最中だし、展望台への観光客
が来て、駐車すると思い、そこより少し下った東側の空き地でやることにした。

ロケーションは西には山が迫っていてよくないが、残りの東、南、北は開けている。
東は南アルプスが近かったが、結果的には問題なかった。
午前中はGWだけだったが、午後は少しEスポも発生し、4,6エリアとも出来た。
おなじみのJO6XMMさんとも出来、感激でした。
普通は、彼が移動で私が固定だが今回は逆だったので。
交信局数は23局、遠くは3の洲本市、1の鹿島市。
YOJ各局も5局呼んでくれました。
また、0への移動局も2局、飯田市の0VSHさんも呼んでくれてびっくりでした。

ポールは5mでやって、ステーを張ったが、ステーが落ちないようにしている金具がまた
落ちてしまった。
結局は、下にあった方が、同軸がステーに絡まないので、次回からは上部には留めないする。

目前に南アルプスを望む。

180609-1.jpg

南アを超えて、川崎や横浜がS9で入って来た。

南もこんな感じ。
180609-2.jpg

今回もバッテリーは問題なし。
パソコンはさすが、バッテリー切れになり最後は紙ログで処理。

次回は、宮田高原を考えてる。
この記事のURL | アマチュア無線 | CM(0) | ▲ top
6mのアンテナ・ポールのフィールドテスト
- 2018/06/05(Tue) -
きょうは近所の高原、標高1200mまで車で行き、6mのデルタループとポールを5mに伸ばした
状態の確認に。
5mにもなると、ポールが細い為、安定性が悪くフラフラすると考え、3方にステーを取る方式を
試したかったのです。
案の定、自立は何とかしてるが、フラフラの状態。
そこで3方にステーを取るとバッチリ、安定した。

180605-1.jpg

180605-2.jpg

ステーがちょっと下過ぎると思うが、実は落ちないようにする固定する金具は下へずり落ちてしまっていますが、
下の固定ネジで止まってます。

ここで、SWRを測ってみた。
過去は良くても1.15位、あまり良くないのは恐らく高さのせいだと思っていたが。。。。
5mにしたことで改善されるかどうかを知りたかった。

結果は、一番ベストの方向で下記の通り。
50.3MHzで1.01
50.2MHzで1.02で購入当時確認した値になり満足でした。
やはり3mだと車体が影響しているんですね。

180605-3.jpg
180605-4.jpg
180605-5.jpg
180605-6.jpg

いい結果に欲を出し、FT-857MDを繋いで受信すると、Eスポが出ていて、6エリアが入感中。
CQを出していたら、突然電源が落ちた?
ひょっとしたら、ヒューズが切れたか??

実は、電源をシガーライターソケットから取っていて、そのコネクターのヒューズが5Aでした。
それじゃ無理ですよね、間欠でも10Aは欲しいです、次はそれにします。
実際の運用時は36Aのシールドバッテリーを使ってます、4時間ほど運用しても11Vくらいにしか
ならず、十分実用に耐えます。

次回はどこに移動しようか思案中。
この記事のURL | アマチュア無線 | CM(0) | ▲ top
6m移動運用・権兵衛峠
- 2018/06/03(Sun) -
今回で2回目の移動、きょうは塩尻市の権兵衛峠に初トライ。
自宅から1時間くらいで到着、比較的近い場所だ。
着いたらだれも居なかったが、さぁ始めようとしたら、車が一台来た。
他にも来る予定だが、ばらばらになってしまったとか。
その後、運用中にさらに4台来て、何だか騒がしい。
でも、一人を残して、どこかへ消えてしまった、いったい何しに来たのかわからない。
1時間ほどしたら、戻って来て帰って行った、その後若者一人、同年代の男性が
登山に来た。
その方も昔はハムをやっていたが、今はやってないとのこと。

さて、実績だが日曜日の割には静か、QSOした局は10局ほど、YOJのメンバー含めて。
遠くは、京都府や木更津、九十九里町など。
アンテナ高さは4mくらいにしたが、余り効果なし?
もう、1mは追加してみよう、今度は。

その後、1時過ぎに伊那リのスキー場の上、権現山の登山口のPへ移動。
標高は11OOm位、結構の標高だが、あまり聞こえず。
天気がいいので、みんな自宅にいないかも、やけに聞こえない。

次回は、宮田高原にレンゲツツジを撮りながら移動もいいかも。

180603-1.jpg
180603-2.jpg
180603-3.jpg
180603-4.jpg

31日の木曜日はバラを撮りに行き、ローズティを頂いてきた。
180603-0.jpg
この記事のURL | アマチュア無線 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ